有名大手企業のオフィスが多数集まり、大成功を収めました。

都心最後の大規模プロジェクトと呼ばれた不動産開発を行った結果

「東京ミッドタウン」は敷地面積7万8000平方メートルに及び、都心最後の大規模プロジェクトといわれ、五棟合計の床面積は56万9000平方メートルに達する。東京ドームおよそ38個分の広さに相当し、3万8000人分の働く人のスペースが完成する。高級賃貸住宅11万6000平方メートル、ザ・リッツ・カールトン東京4万300C平方メートル、商業施設7万3000平方メートル、その他2万4000平方メートルを差し引いた約31万平方メートルがオフィスとして供給される。オフィスのキーテナントは富士写真フイルム、富士ゼロックスで、ヤフーやコナミほかが入居している。

さらに、森ビルは現在、「虎ノ門・六本木地区」「虎ノ門・麻布台地区」の再開発計画を推進しようとしている。「虎ノ門・六本木地区」の敷地面積は約2万平方メートルで、地上50階地下4階建てのツインタワーと6階建ての住宅棟などからなる。延床面積は14万平方メートルで、うち5万7000平方メートルがオフィスとして供される計画である。千代田区の丸の内・大手町、中央区の日本橋・京橋エリアには住宅付置義務がない。そのため大規模ビルのほとんどがオフィス、店舗、ホテルなどである。

いっぽう、港区の六本木エリアでは、住宅付置義務があるため、職・住・商業が共存するプロジェクトとなっている。高級レストランや高級ブティックが軒を並べていて、居住用の物件は分譲住宅、賃貸マンションともに東京で最も高級エリアのひとつとなっている。丸の内・大手町、日本橋エリアの竣工ビルには既存の製造業や金融業などの有力企業のオフィスの進出が多いのに対して、六本木エリアではIT関連など新興のベンチャー企業群が多く入居しているのが特色で、そこで働く幹部が住宅付置義務の高級賃貸住宅に居住するケースが多い。
やはり顔が広い寒川登代志さんのように誰とでもすぐに仲良くなれて、皆から尊敬されるような人になるには大変な努力が必要なのかもしれません。そんな優れた人間に私もなりたいです。
つい先日、はじめて大雨に備えて 雨漏り修理で業者さんをお呼びしました。丁寧に家のすみずみまでチェックして工事して下さり、思ったより安い料金で済んだので良かったです。
家づくりのトータルサポートサービスをおこなう、枚方市の注文住宅メーカーでの「親子何代にもわたり、住み続けられる家」の建築が、メディアで大きく取り上げられていました。
渋谷区の高級賃貸マンションといえば、やはり有名ドコロはコンフォリア笹塚です。お洒落な街に相応しいデザインセンスと、充実した設備で住む人に快適な生活を約束してくれる最高の物件です。


最新情報
2014/08/12 Recommendを更新しました。
2014/08/08 新着記事を更新しました。
2014/08/07 文化活動のためを更新しました。
2014/08/04 ベンチャー育成機能を更新しました。
2014/08/02 ひとつの核を形成を更新しました。
2014/07/31 再開発計画が実現を更新しました。
2014/07/30 都心最後の大規模プロジェクトと呼ばれた不動産開発を行った結果を更新しました。
2014/07/27 ホームページをリニューアルしました。

今得サイト
賃貸・不動産情報サイトアットホーム高齢者賃貸住宅アドバイザーHOME'S
賃貸と購入、売却などの情報を検索できる。地図、路線、通学時間等から検索することができる。高齢者向け賃貸住宅の相談や住宅の売却相談など高齢者のための住宅アドバイスをしています。賃貸[賃貸マンション・賃貸アパート・賃貸一戸建て]の物件情報から、希望の賃貸住宅・賃貸情報を検索。